アトリエ1

銘木の木目を活かすデザイン

info@atelier1.info
世界で一つしかないオリジナルデザインの木の時計です

うさぎの掛け時計2(案)

桜、アフロルモシア、モンキーポッド、けやきの4種類の木を準備し、それらの木を使った場合のデザインスケッチをご用意いたしました。
Dタイプのけやきは、数字目盛りの色、針のデザインを変えてあります。
サイズはいずれもH28cm×W16cm (サイズや木目は仕上がりにより若干変わります。)

<木の紹介>

日本に数多くある桜の中で、山桜は最も木材に適していると言われています。強度・耐水性も申し分なく、磨くと艶のある光沢が美しいため、高級家具等によく用いられるなど、非常に人気の高い木材です。

アフロルモシア
アフリカのコートジボワールに生育するマメ科の木で、樹高が45m、胸高直径が1mほどに達し、世界的な銘木であるチークと木理、耐久性、肌目など似ている点を多く持っています。高級家具、フローリングなどの内装、建具全般の他、ボートの建造など幅広く利用されまています。

モンキーポッド
この木なんの木、気になる木・・・」という某電機メーカーのCMでおなじみの木です。マメ科の木でその実を猿が好んで食べることから名がついたようです。大きいものでは枝張りが60m近くになるなど、大木になりやすい樹種の為、幅の広い木材が取りやすい事から主に家具材として利用され、内装材や彫刻の材料としても使用されますが、日本では入荷量の少ない木材ですので、非常に話題性があります。

けやき
けやきは日本を代表する樹木で強靭で狂いが少なく耐朽性にも優れているという実用性の高い特徴を持ち、古来より日本国内で最良の広葉樹として扱われてきました。お寺や大黒柱に好まれて使われる建築材としてだけでなく、太鼓や和家具の最高級品としても重用されています。

うさぎの掛け時計2(案)
スケッチは使用予定の木に陰影をつけたものです。
以下にそれぞれをご案内いたします。

Aタイプ


※スケッチをクリック(タップ)すると拡大します。

素材は桜
目盛りは元デザインと同じパール色
針は元デザインと同じ白

Bタイプ


※スケッチをクリック(タップ)すると拡大します。

素材はアフロルモシア
目盛りは元デザインと同じパール色
針は元デザインと同じ白

Cタイプ


※スケッチをクリック(タップ)すると拡大します。

素材はモンキーポッド
目盛りは元デザインと同じパール色
針は元デザインと同じ白

Dタイプ


※スケッチをクリック(タップ)すると拡大します。

素材はけやき
目盛りはレッドタイガーアイ
針は黒(秒針の中央は金色)