アトリエ1

銘木の木目を活かすデザイン

info@atelier1.info
世界で一つしかないオリジナルデザインの木の時計です

屋久杉の掛け時計(古希祝い)

屋久杉の掛け時計(古希祝い)
時計本体は四角いベースとし、その内側に丸い掘り込みを斜めにシャープに彫り込み、5分おきに5mmのライトアメジスト、それ以外は3mmのアメジストのスワロフスキーを配しています。 中心部のラウンドした彫り込みで、その千年の木目をより深く観賞できるようにしました。これによって、朝の横から差す光から月夜の薄明りまでの日々光の変化から季節の光の変化を感じられる陰影を屋久杉の無垢材からつくり出し、木目の見え方だけでなく、時計の印象も時の移ろいの中で楽しめる時計となりました。 時刻の数字には正倉院の宝物にも黒檀が見られるほど古来より珍重されている黒檀を切り出して時刻を見やすくしています。
70歳の意味をこめて数字の7のみをパープルハートにし、7の5mmのスワロフスキーもアメジスト(紫)にしました。 ムーブメントは、電波時計を使用し、電池をセットするだけで、すぐに使えるようになっています。また、可能な限り無垢板の中に埋め込み、壁に取り付けたときのでっぱりを少なくするようになっています。壁へのあたり部分は、壁を保護するようにフェルト仕上げになっています。ムーブメントのまわりに隙間があるのは、将来のムーブメント交換の際にどのようなものとでも交換できるようにとの配慮から大きめに加工しています。

屋久杉とは、屋久島に自生する樹齢1000年以上の杉の木のことです。したがって、木目も1000年分以上あり、一般の杉材より、その表情が豊かになり、個性的になります。

時計本体は四角いベースとし、その内側に丸い掘り込みを斜めにシャープに彫り込み、5分おきに5mmのライトアメジスト、それ以外は3mmのアメジストのスワロフスキーを配しています。時刻の数字には正倉院の宝物にも見られるほど古来より珍重されている黒檀を切り出して時刻を見やすくしています。70歳の意味をこめて数字の7のみをパープルハートにし、7の5mmのスワロフスキーもアメジスト(紫)にしました。

中心部のラウンドした彫り込みで、その千年の木目をより深く観賞できるようにしました。これによって、朝の横から差す光から月夜の薄明りまでの日々光の変化から季節の光の変化を感じられる陰影を屋久杉の無垢材からつくり出し、木目の見え方だけでなく、時計の印象も時の移ろいの中で楽しめる時計となりました。屋久杉の豊かな香りを損なわず、陰影の中で木目が際立つよう光沢を抑えた仕上げにするために蜜蝋クリームで仕上げました。

ムーブメントは、電波時計を使用し、電池をセットするだけで、すぐに使えるようになっています。また、可能な限り無垢板の中に埋め込み、壁に取り付けたときのでっぱりを少なくするようになっています。壁へのあたり部分は、壁を保護するようにフェルト仕上げになっています。ムーブメントのまわりに隙間があるのは、将来のムーブメント交換の際にどのようなものとでも交換できるようにとの配慮から大きめに加工しています。


この商品について

商品名 屋久杉の掛け時計(古希祝い)
価 格 販売済
サイズ H302×W302×D44 mm
材 質 屋久杉
重 量 1,180g(電池含まず)
種 類 電波時計(ステップ)
電 池 単三アルカリ乾電池 1本(電池は付属していませんのでご自身でご準備ください。)
備 考 蜜蝋クリーム仕上げ。天然木を使用しているので、色調の経年変化が発生します。また、無垢材なので、環境(空気の温湿度)の影響を受けて、ワレ、ヒビ、ソリが発生することがあります。

お客様からのお便り

イメージ画像で見るより屋久杉の細かい年輪等本物の重厚感や質感が感じられとっても素敵でした。
3センチの分厚さがより時計の存在感を感じられます。

父親も何度も眺めたくなる時計だととても喜んでくれました。
長寿の願いを込めて屋久杉を使ったり、70歳の記念で「7」の数字のみ色を変えたりとこちらの気持ちがよく伝わり、又手作りの温かみを感じられる特別な記念時計になりました。

くぼみの部分やアメジスト等隅々までとても丁寧に時間をかけて作 ってくださったのが伝わりました。
ネットで調べていううちにアトリエ1さんのHPにたどりつき、何度も試作のやりとりとしていただいた おかげで素敵な古希のお祝いができたこと感謝申し上げます。(神奈川 Fさん)
屋久杉の掛け時計(古希祝い)の設置事例


製作検討資料

屋久杉の時計(検討)1

屋久杉の時計(検討)2

屋久杉の時計(検討)3

屋久杉の時計(検討)4


この商品は販売済です。お求めいただく場合は、カスタム・メイドの窓口よりご相談ください。