電波時計について

電波時計とは

時、分、1月1日からの通算日、年(西暦の下2桁)、曜日などの時刻コードが含まれた標準電波を受信し時刻を自動修正する機能をもった時計のことを電波時計と呼んでいます。


標準電波とは

標準電波とは、情報通信研究機構が決定した標準周波数と日本標準時を日本全国に供給するための電波のことです。「おおたかどや山標準電波送信所」(福島県・田村市都路町/双葉郡川内村)(40kHz)と「はがね山標準電波送信所」(佐賀県佐賀市富士町/福岡県糸島市)(60kHz)からのそれぞれの周波数で標準電波が送信されています。

標準電波の受信範囲は、送信所から概ね1,000Kmの範囲とされています。電波の特性上以下の場所では正確に受信できない場合があります。

・ビルの中、ビルの谷間、地下
・高圧線、テレビ塔、電車の架線の近く
・テレビ、冷蔵庫、エアコン、空気清浄機、パソコン、FAXなどの家電製品やOA機器付近
・工事現場、空港近くや交通量が多く電波障害が起きやすい所
・乗り物の中(自動車・電車・飛行機など)
・スチール机などの金属製の家具の上や付近
・電波ノイズを発生する物の付近


標準電波を受信できない場合は

1.多くの電波が飛び交っている日中や、雨、曇りなど天候が悪い時は受信しにくい場合があります。天気の良い日や(比較的受信しやすい)夜間に電池をセットしなおして、様子をみてください。

2.一時的な時刻情報の読み取りエラーの場合もあります。電池を一旦外して、約5分程放電させ、再度電池をセットして様子をみてください。

3.マンションやオフィスビルなど鉄筋コンクリートの建物内などでは電波を受信しにくい場合があります。その場合は、標準電波を受信しやすい場所(関東地方であれば、電波送信所方向の北東側の窓付近やベランダなど)に変えるか、手動による時刻合わせを行ってください。

4.標準電波が発信設備のメンテナンスや悪天候などによって電波を発信していない場合もあります。国立研究開発法人情報通信研究機構の標準電波(電波時計)の運用状況をご確認ください。

運用状況はこちら→http://jjy.nict.go.jp/jjy/log/index.html